フラーレンは高濃度の方が良いのか

フラーレンは高濃度の方が効果が高いの?

たくさんの美容成分が存在する現在、数々のスキンケア商品や化粧品が販売されています。ヒアルロン酸やコラーゲン・コエンザイム・プラセンタなど...保湿やアンチエイジングなど美容成分によって効果は異なりますが、肌の悩みや得たい効果の商品を購入するかと思います。
その際ほとんどの方は「高濃度」という言葉に引かれるでしょう。「○%配合」や「高濃度配合」という言葉は得に最近多く使用されている表現ですが、必ずしも高濃度が良いというわけではありません。

 

確かに濃度が低いよりは高いほうが効果的です。しかし各美容成分には適正な濃度というものがあり、低過ぎては効果なし・高すぎても副作用の危険が考えられます。肌質によってはかぶれたり荒れたりする恐れもあるので、「濃度が高い=効果が高い」という考え方は間違っています。

 

実際に最近注目されている美容成分「フラーレン」は、濃度1%以上が理想的とされています。1%でフラーレンの効果が期待できるので、それ以上の濃度のものを選ばなくても問題ありません。しかし1%未満だと効果が得られにくく、高濃度なら1%以上は効果があまり変わらないと言われています。
つまりフラーレン配合の化粧品を選ぶ際は、1%の濃度があれば十分というわけです。無理して金額も濃度も高いものを買う必要はありません。
フラーレンが1%以上配合された化粧品は「RSマーク」が付いており、一定基準(1%以上)配合されたものにしか付いていません。どれを選べばいいのか分からない場合は、「RSマーク」を基準にその中から自分の肌に合ったものを選びましょう。

 

必ずしも高濃度が重要ではないということがおわかりいただけたでしょうか?フラーレンに関しては1%以上が理想的な配合となります。
それよりも化粧品の選び方を知っている人は、美容成分の濃度よりも浸透率の高さを重視します。浸透率が低いといくら有効な美容成分が配合されていても肌奥まで届かず、その美容成分の効果は発揮されません。濃度が高いものはその分子も大きいものがあるので、肌内に入りにくく高濃度の意味がありません。浸透性が高いということはスキンケア商品を選ぶ際に一番重要なポイントです。