肌のサビ

お肌のサビについて

「肌サビ」って聞いたことありますか?その名のとおり肌がサビるということです。サビるといえばナイフやフォークなど鉄製のものを指しますが、実はお肌も同じようにサビるのです。ではお肌がサビるとはどういう事なのか、なぜお肌がサビるのか説明していきましょう。

 

◎活性酸素とは?
まず、お肌のサビの原因は活性酸素です。
私たちは日々呼吸していますが、呼吸は酸素を吸って二酸化炭素を吐いています。この時吸った酸素のうち約2%が活性して活性酸素となります。また紫外線や放射能・ストレス・喫煙・生活習慣の乱れ・排気ガスなども活性酸素が発生する原因となります。

 

活性酸素はお肌のサビだけでなく美肌の大敵!
活性酸素が増えると、肌内の細胞がダメージを受けコラーゲン生成力が弱くなります。コラーゲン生成力が弱くなると肌のハリや弾力が保てなくなるので、シワやたるみの原因となってしまいます。
また活性酸素の大好物は皮脂なので、潤いに必要な皮脂や表皮の細胞間皮脂が酸化されてしまいます。この酸化が肌のサビということになります。
シワやたるみを引き起こすだけでなく、表皮にあるメラノサイトへダメージを与えメラニンの量を増加させます。メラニンはシミの原因となるので、つまり活性酸素はあらゆる老化肌トラブルを招く原因ということです。

 

◎お肌のサビを防ぐには?
お肌のサビを予防するためには、活性酸素を抑制する「抗酸化作用」のあるものを取り入れなければいけません。抗酸化作用がある美容成分として有名なものはビタミンCですが、ビタミンCよりもはるかに高い抗酸化作用を持つ美容成分が「フラーレン」です。
フラーレンは非常に強い抗酸化作用を持つため、毎日のスキンケアに取り入れることでお肌のサビつきを予防することができます。
また抗酸化作用のある食材を摂ることも大切です。緑黄色野菜や果物にはビタミン類が含まれているので、抗酸化作用があります。
活性酸素は紫外線を浴びることで大量に発生するので、紫外線対策はサビの原因を作らない根本的な対策です。